各チェックの前に、trim関数(共通関数ページに記載)で両端の空白を除いておきます。

必須チェック

未入力チェック

function required(str) { //両端のスペースを除く var str = mbTrim(trim(str)); if (str == "" || str == undefined) { return true; } else { return false; } }

ラジオボタン・チェックボックスの未入力チェック

少なくとも1つは選択されていることをチェック。

function checked(obj) { var i; for(i = 0; i <obj.length; i++){ if (obj[i].checked) { return true; } } return false; }

セレクトボックスの未選択チェック

デフォルト以外の選択を行っていることをチェック。例では、最初の項目は不当な選択であると仮定。

function isChosen(select) { if (select.selectedIndex == 0) { return false; } else { return true; } } HTML <select name="pref"> <option value="">選択してください</option> <option value="1">北海道</option> <option value="2">東京</option> <option value="2">神奈川</option> </select>

文字数チェック

最大文字数チェック

function maxLength(strVal, max) { //両端のスペースを除く var strVal = mbTrim(trim(str)); if(reqired(strVal)){ return true; //スペースはOK } if(strVal.length > max){ return false; }else{ return true; } }

最小文字数チェック

function minLength(strVal, min) { //両端のスペースを除く var strVal = mbTrim(trim(str)); if(strVal.length == 0){ return true; //スペースはOK } if (strVal.length < min){ return false; } else { return true; } }

範囲チェック

function range(str, min, max){ //両端のスペースを除く var strVal = mbTrim(trim(str)); if(strVal.length == 0 ){ return true; //スペースはOK } if (isNaN(strVal)){ return false; } intVal = parseInt(strVal, 10); if (intVal <min || intVal > mMax) { return false; } else { return true; } }

数値チェック

正数値または負数値であることをチェック。

function isNum(str) { var reg = /^[-]?\d*\.?\d*$/; str = str.toString(); if (!str.match(reg)) { return false; } return true; }